【コールセンターに聞いてみた!】クリアポロンは妊婦でも使える?

【コールセンターに聞いてみた!】クリアポロンは妊婦でも使える?

クリアポロンは妊婦にも使えるのでしょうか?妊娠している時には小さなことも気になるものです。実際にコールセンター問い合わせてみました。結果をご紹介します。

クリアポロンの公式サイトはこちら

>>クリアポロンの楽天・amazon・公式サイトの価格比較チェックはこちら



クリアポロンは妊婦でも使えるか?HPの記載


クリアポロンは妊娠していても使えるかについて、クリアポロン公式サイトに記載があります。

妊婦FAQ

妊娠中や子どもにも使っても平気ですか?
基本的にはどなたでもご使用いただけますが、心配な場合は専門医にご相談の上、ご使用をご検討ください。

ということです。公式サイトでは妊娠中の妊婦に使用可ということですね。念のため、コールセンターに電話して確認することにしました。

コールセンターに問い合わせてみました。


クリアポロンのコールセンターはこちら!

メニーナ・ジューサポートセンター
0120-910-162 受付時間 平日10時~19時(土日祭休)

 

こんにちは。クリアポロンを購入して使っているものです。



 

ご利用ありがとうございます。


 

実は気になっていることがあって、こちらのクリアポロンは妊婦やでも使えるのでしょうか?


 

妊娠をされていてクリアポロンを使えるかどうかですね。基本的にどなたでもお使いいただくことができます。


 

そうなんですか!


 

ただ妊娠中は肌の質が変わるので、塗ってみて異常があるときにはお問い合わせください。


 

そうですか。配合されているヨクイニンは漢方薬として飲む場合、妊婦には処方しませんが、クリアポロンは塗り薬だから大丈夫ってことでしょうか?


 

少々お待ちください。(数分待たされる)クリアポロンはHP上に成分を表示しています。以下のものが入っています。基本的にどなたでもお使いいただけますが、心配な場合は医師に相談してください。


 

そうですか。ありがとうございました。


ということでした。コールセンターに問い合わせをしたので公式サイト以上の情報を得られると思いましたが・・・HP記載の情報しか聞き出せませんでした。残念です。

妊婦が使用するときに注意したいこと


肌質の変化
妊婦が使用するときに気を付けなければいけないことは、妊娠することで肌質が変わることです。今まで刺激に感じなかったものが刺激に感じたり、ニオイにも敏感になったり。つまり今まで普通に使用していた化粧品が合わなくなったり、刺激に感じたりすることがあります。さらには首イボができ始めたり増えたり・・・妊娠中は子どもを育てているわけですがから、体の変化が激しい時期です。

妊娠中に避けるべき成分

妊婦2

妊娠中はママとベビーは一心同体です。ベビーはお腹の中では胎盤をかいしてママから栄養を受けています。ママが口にする食べ物や飲み物にはNGなものや積極的に摂りたいものがあります。そして化粧品も同じように妊娠期に避けたいものがあります。ここでは妊娠期に避けるべき成分をご紹介します。

スキンケア用品に含まれる成分で、何らかの形で妊娠中の胎児・授乳中の乳児に悪影響を及ぼす可能性があると言われているものをご紹介します。

成分

用途

危険性

アキュテイン

ニキビの治療薬(飲み薬) 摂取中に妊娠すると胎児に障害がでる確率が高い。

トレチノイン

ニキビ、しわ、シミに効果のあるビタミンA誘導体 経皮吸収での影響は低いと考えられていますが、内服すると催奇形性のリスクがあります。

トルエン

マニキュアに含まれる 胎児の発達遅延や注意力散漫を引き起こす可能性があります。

ハイドロキノン

メラニン色素の生成を強力に抑制する漂白剤 経皮吸収での影響は低いと考えられていますが、遺伝子(DNA)を傷つけ、肝臓がんを起こすリスクがあります。

パラベン

防腐剤として様々なスキンケア用品に含まれる 胎児に悪影響を及ぼすと言われている女性ホルモン「エストロゲン」と近い作用があると懸念されています。

ベニバナ、オレガノ、ペニーロイヤルミント、ローズマリー、ローズ

アロマの香り成分として含まれる 子宮収縮作用があり、流産のリスクがあると言われています。

サリチル酸

経口摂取、化粧品、ピーリング剤に含まれる 化粧品に含まれる低い濃度(1~2%)では問題ないとされますが、高濃度に配合されるピーリング剤やサプリメントは、催奇形性があるとされます。


クリアポロンには上記の成分を含んでいないので妊婦でも使えるものです。気になる場合は医師に相談してください。

安心なクリアポロンの購入はこちら


ヨクイニンの妊婦の使用について


クリアポロンを妊婦が使用するときに問題となるのがヨクイニンエキスでしょう。ヨクイニンはハトムギの渋皮を取り除いた種子から得られるエキスです。ヨクイニンは昔から漢方ではイボ取りに効果があるとされる生薬です。ただ妊娠中は飲むことをおすすめしにあ(原則、飲まない)ものです。

妊婦1

その理由としては子宮筋興奮作用があると言われています。また特に妊娠初期の方は注意が必要で、ヨクイニン(はと麦)に含まれるコイクセノライドには、抗腫瘍作用などのように、体に不要なものを排出する作用があると言われているからとも言われています。体は胎児も異物と判断し、体外に排出しようと作用すると言われています。

しかし漢方薬が与える妊婦への影響に関しては未知の部分が多く、まだわかっていないこともたくさんあります。そのため基本的に妊婦にはヨクイニンを処方しないということになっています。

以上、見てきたのはヨクイニンの服用の場合です。クリアポロンは服用ではなくて皮膚に塗布するので話は違ってきますよね。服用よりも皮膚に塗布する場合は危険性が少なくなりますし、ヨクイニンそのものを塗布するよりもクリアポロンのように化粧品を塗布する場合はは作用が穏やかですね。

最終的な判断は、クリアポロンを行きつけの病院・産院にに持っていき産婦人科医に確認するのがよいでしょう。

成分表示のヨクイニン

成分の安全性についての詳細はこちらをご覧ください。

クリアポロンの成分について


クリアポロン全成分表示
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコン、ハトムギ油、ハトムギ種子エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アンズ核油又はパーシック油、セラミド3、プラセンタエキス、スフィンゴモナスエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、スクワラン、アラントイン、水溶性プロテオグリカン、アロエベラ液汁-1、加水分解コラーゲン、3-O-エチルアスコルビン酸、アセチルヒアルロン酸Na、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、キュウリ果実エキス、レシチン、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、オリゴペプチド-24、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、水添レシチン、クエン酸、ベタイン、トレハロース、ポリソルベート60、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

クリアポロンを妊婦が使用する場合のまとめ

クリアポロンは低刺激処方でどなたでも使えるスキンケア用品です。そのため妊婦でも使えるということです。しかし気になる場合は、やはり専門医に相談して使用を検討したほうがよさそうです。

クリアポロンの体験口コミはこちら

関連ページ

クリアポロンを首に使う
クリアポロンを実際に3ヵ月、首に使ってみた体験口コミです。首のポツポツの様子や首肌の質感の変化などの体験口コミをご紹介します。
クリアポロンを顔に使う
クリアポロンを顔に使っていた乾燥肌の持ち主が顔に使うことをおすすめする理由をご紹介します。
クリアポロンの子供の使用
クリアポロンは子供でも使えるかコールセンターに電話して聞いてみました。
クリアポロンをニキビやニキビ跡に使う
クリアポロンはニキビやニキビ跡にもいいのでしょうか?口コミや成分から検証します。